ごみ減量のキーワードは3R+1


3Rプラス1(ワン)それは、Refuse(リフユーズ/断る)です。

これまでの「3R」とは

Reduce(リデュース/廃棄物の発生抑制)

  ●捨てるものを減らす取り組み

Reuse(リユース/再使用)   ●繰り返し使う取り組み

Recycle(リサイクル/再資源化) 

  ●再資源化して再利用する取り組み

★ 私たちがすぐに実行出来るRefuse(リフユーズ/断る)は何でしょう。身近なものとしてレジ袋がありますね。

レジ袋は便利なので、マイバックを持っているのに、つい貰ってしまう時があります。

先日、NHKのクローズアップ現代で、ポリ包装のものを買わないで生活できるかという番組がありました。歯ブラシもポリ包装なので買えないためタオルで歯を磨いていました。生活のすべてにポリエステルが使われていることに、改めて愕然としました。

プラスチックのストローを廃止したレストランもあります。

食料品の賞味期限を延長した企業もあります。

私たちにも出来ることは何でしょう。

意識を変えることで、変わることもありますよね。

私は、レジ袋は断ることから始めたいと思います。

これから台所のごみ、どうやって溜めておこうか悩むところから始めます。

Refuse(リフユーズ/断る)難しいです。でも大事なこと。

自分にあったエコライフを生活にプラスすることから始めませんか?

皆さんの家では、生ごみの処理はどうしてますか?

ごみ減量の知恵、教えてください。

投稿お待ちしております。一緒に考えましょう。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square