わがまちジャーナル2019年8月号

音楽の調べ 〜お琴とコラボレーション〜    オーボエ奏者 杉本真木さん 朗読の部屋 太宰を読む 「お伽」より   瘤取り其の弐 ピアノ調教師 松本雅彦さん かけこみ情報

アンコールアワー2019年7月号

1.絵本・創作小物作家 逸見はなさん (2013年3月放送) 2.紙すきタペストリーで~被災地に元気を届けよう!~ (2013年10月放送)

三鷹でフードバンク活動が始まりました!

食品企業の製造工程で発生する規格外品や、各家庭で余っている未開封食品を引き取り、必要な個人や福祉施設等の団体へ無料で提供する活動、『フードバンク』。まだ食べられるにも関わらず、廃棄されてしまう食品ロス削減を図るひとつの方法として、全国で活発に行われています。 三鷹市でもこの取り組みが始まりました。 今回は『フードバンクみたか』のメンバーの皆さんにお話をうかがいます。 ◆フードバンクみたかの成り立ちと今までの経過を教えてください ―― 昨年10月に開かれた<みたかボランティアセンター>主催の「ボランティア養成講座 みたかではじめるフードバンク」受講生有志が、講座終了後も話し合いを重ねて活動を始めました。 3月に『第1回フードドライブ』として家庭で余っている未開封食品の寄付を呼び掛け、集まった食品を三鷹市生活就労支援窓口を通じて必要としている方に提供しました。 フードドライブ活動はこれまでに5回実施し、また講師を招いて三鷹ネットワーク大学で『フードバンク × SDGs講座』も開催しています。 6月29日 フードバンクみたか 設立総会の様子 ◆なぜ「フードバンク」を立ち上げたのですか? ―― まだ食べられる食品が様々な理由で処分されてしまう一方で、日々の食事が思うように手に入らず困っている人たちがいます。この状況を何とかできないのか、という思いがあります。フードロスを考え、食のセーフティネットに取り組み、助け合う気持ちや食品を分かちあう活動が必要だと感じている人が市民レベルでも多くいると分かり、背中を押されたことも大きいです。 ◆苦労している点、うまくいっている点を教えてください

「プレイス・フェスタ2019」が面白い!

武蔵野市にある武蔵野プレイスで今「プレイス・フェスタ2019」というイベントが開催されています。15日(祝月)まで (情報提供:吉祥寺経済新聞 岩本容子さん) 趣向凝らした興味深いイベントがいくつかありその中で ●13日午後6時から開催の 「プレコンナイト」~プレイスを語っちゃおう~ というイベントが特に面白い企画なのです。 ●日時 7月13日(土) 午後6時から8時 ●場所 武蔵野プレイス一階ギャラリー 参加料ワンドリンク付き500円 ★日比谷図書文化館の図書サービスプロデューサーと武蔵野プレイスの副館長が対談します。どちらも都内では有名な図書館を含めた複合施設で、今後の在り方など話すそうです。 ★その後に、参加者を交えての座談会で、施設への要望を聞いたり、今後どのような施設になればよいのかを好きな飲み物(ビール含む)を飲みながら話すそうです。 ★飲み物は、プレイス館内に併設されているカフェフェルマータが夜の営業時間は常時ビールなどのアルコール類を提供しており、「ビール片手に本を読める」図書館が売りだそうです。図書館業界の方なら誰もが知っている「日比谷図書館」×「武蔵野プレイス」、そして「図書館」×「アルコール」意外なコラボではないでしょうか。 ■吉祥寺経済新聞 岩本さんの記事はこちらから   https://kichijoji.keizai.biz/headline/2767/ [if !supportLineBreakNewLine] [endif]

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square